けんぶちVIVAマルシェ

北海道産 ビーツの魅力をご紹介します!けんぶちVIVAマルシェ

ほのかな甘み、鮮やかな赤紫が特徴です。
ウクライナ発祥の伝統料理「ボルシチ」に使われる食材として有名です。

ビーツは見た目(色素)だけの食材ではなく、その栄養効果にも注目されています。

スーパーではなかなか目にすることはありませんが、
コロナウィルスに日々直面するご時世だからこそ、
「食べる輸血」と言われる北海道産 ビーツの魅力をご紹介します。

生産者:けんぶちVIVAマルシェ


弊社でお取り扱いしている主な仕入れ先は、
けんぶちVIVAマルシェさんです。

北海道上川郡剣淵町にあります。
新千歳空港から車で北に走って3時間くらいの距離です。

ビーツはもちろんですが、カラフルじゃがいもと言った、
他ではあまりお目にかかれない品種を生産・販売しています。

ビーツってどんな味がするの?

生で食べると食感はシャキシャキしており、
食味は例えづらいですが、甘いカブとじゃが芋が混ざったような味といえます。

糖度については、弊社のポケット糖度計で測定したところ、
個体差はありますが8度前後でした。

8度は一般的なミニトマトや中玉トマトが5~6度なので、
それよりは高い糖度ということになります。
※あくまでも簡易的な測定の結果なので参考程度でお願い致します。

ビーツは煮込むと芋のようなホクホクとした食感になります。
煮込むことで土臭さが和らぎ甘みが増してくるのが特徴です。

サラダにする場合も、一度下茹ですると土臭さが和らぎます。

どんな栄養効果があるの?

栄養効果については、その効果を保証するものではありません。

成分名:ベタシアニン

ビーツの鮮やかな濃い赤紫色は、ポリフェノールの一種です。

期待できる栄養効果 抗酸化力

成分名:カリウム

カリウムは不足すると食欲不振やむくみを招く原因となります。

期待できる栄養効果 血圧を調整、細胞の代謝

成分名:オリゴ糖・食物繊維

オリゴ糖と食物繊維は、腸内の健康維持に役立ちます。

期待できる栄養効果 善玉菌を増やして悪玉菌を減少

成分名:ビタミンB6・葉酸

代謝にかかせないビタミンです。

期待できる栄養効果 健康な肌を維持

その他、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、パントテン酸、ナイアシンなど

ビーツを美味しく、栄養価の高い状態で食べるには?

ビーツは皮をむいて、薄くカットすれば、生で食べることも可能です。

土臭さが気になる方は、一度下茹でをすると良いです。
下茹でする場合の注意点は以下の通りです。

ビーツを下処理する場合は、皮をむかずに過熱します

皮をむいてしまうと、せっかくの栄養と色素が薄まり流れてしまいます。

竹串を指して火の通りを確認するのも同上です。

お湯から取り出す目安は、皮が簡単に剥がれるくらいです。
茹ですぎると食感が残らないので、少し食感が残るくらいが食べやすいと思います。

ビーツのおすすめ調理方法

定番のボルシチ

ボルシチと言えば、ビーツですね。
難しそうに見えますが、材料を用意したら煮込んで味を調えるだけです。

北海道産のビーツでボルシチ作ってみた!簡単レシピ

ビーツのサラダ

生で食べると”シャキシャキ食感”と”ほのかな甘み”があります。
土臭さが気になる方は、上に記載した通り、
一度下茹でをしてからカットして盛り合わせると良いです。

鮮やかな色味なので、サラダの赤色担当として役目を発揮します!

保存方法は?

冷蔵保存をする場合は新聞紙やビニール袋などに入れて、野菜室で保存します。
長期保存には向いていないので、お早めの調理をおすすめします。

冷凍保存をする場合は、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。
解凍後は崩れやすいので、スープなど煮込み料理に適しています。