商品紹介

【商品紹介】北海道産 人参【出荷時期と取り扱い産地】

出荷時期の目安

人参 7月~11月
雪下人参 4月~5月

人参

人参のオレンジ色は野菜ジュースの成分で良く見かける「カロテン」です。
カロテンは体内でビタミンAに変化します。

このカロテンは陽に当たると青く変色してしまうため、
栽培時は葉の付け根までしっかりと土で埋めます。

良い人参を選ぶ基準としては、
全体的に色が濃く鮮やかなものが良いです。

現在、北海道で栽培されている人参の約半分は「向陽二号」という品種です。

雪下人参

毎年3月下旬から収穫作業が始まり、4月初旬から出荷される雪下人参。
豪雪地帯の北海道ならではの栽培方法でその名の通り雪の下で越冬した人参です。

栽培方法としては前年秋に収穫できる人参をあえて収穫せずに、
その上を2m前後の雪で覆っていきます

雪の下は天然の冷蔵庫と言われていて温度変化がほとんどなく、
外気がマイナス10℃になっても人参が凍ることもありません

収穫作業は除雪機を使うと人参に傷がついてしまうことがあるため、手作業で行うこともあります。

こうして収穫された雪下人参は、一般的な人参と比べると臭みが少なく、
糖度も2℃ほど高いと言われています。

アロマレッド


“アロマ”という名前を見ると「香水?」を思い浮かべる方もいると思います。

実はアロマレッドの名前の由来は香水の原料となる
ブルガリアン・ローズ」の香りの成分の1つである
βーdamascenone(ダマセノン)」の含有量がこれまでの人参よりも多い
ということに由来してアロマレッドという名前がついています。

香水ほどの香りはしませんが、
ほのかにフルーティーな香りがする人参です。

また、人参特有の「苦味」「青臭さ」が少ないと言われています。

アロマレッドは人参嫌いな小さなお子様でも食べれた!
というお話もよく聞きます。

人参の主な取り扱い

洗い人参 土付人参
アロマレッド 有機人参

主な取り扱い産地

JAようてい JA音更
JAとうや湖 スリーリバーファーム
河田ファーム

取り扱い栽培区分

慣行栽培 Yes!Clean
有機栽培